回転複写コマンドの作り方

質問:回転複写コマンドってないんでしょうか
別のCADからオートキャド(AutoCAD)に乗り換えた者ですが、オートキャド(AutoCAD)には回転複写コマンドはないのでしょうか。
割と基本的なコマンドだと思うので、私が見過ごしているだけかも知れませんが、もしありましたら教えて頂けないでしょうか。



■回答■



オートキャド(AutoCAD)のコマンドで回転複写が用意されているかどうか、ということですが、結論から先に申し上げると通常コマンドでは用意されていません。
頂いた質問にもありましたが、確かに基本的なコマンドですので、きちんと用意しておいて欲しいと思うのですが、用意されていないものは仕方がありません。
でも、用意されていないなら自分で作ってしまえば良いのです。こうした自由度の高さがオートキャド(AutoCAD)の最大の武器です。
という訳で、ここでは回転複写コマンドの作成方法について説明します。簡単ですから挑戦してみてくださいね。
●回転複写コマンドの作成
回転複写コマンドを作るには、まずアイコンのカスタマイズを覚える必要があります。
カスタマイズとか言うと大げさな感じがしてしまいますが、やり方は単純です。アイコンの作成方法を読んで、やり方を掴んでおきましょう。
新しいアイコンを作成したら、名前と説明欄に分かりやすい名前を入れておきましょう。ここでは例として、以下のような名前にしておきます。
名前:回転複写
説明:オブジェクトを回転しながら複写
アイコンを作成した当初はオリジナルアイコンが少ない為、特に名前をつけて区分しなくても済みます。でも、そのうちにアイコンが増えてくると管理が難しくなってきます。
そんな訳で、名前と説明は必ず手抜きをしないで入力することをお勧めします。これは私の体験からお話をしています。
カスタマイズを覚え始めた当初、私のオートキャド(AutoCAD)は、どのアイコンがどのコマンドなのかという区別がつかなくなってしまいました。
これは非常に効率が悪かったと記憶しています。改めてアイコンを作成し、きちんと名前と説明を入力するのは本当に大変でした。
名前と説明を入力し終わったら、次にメインの作業です。「このボタンに関連付けられたマクロ」欄に回転複写のコマンドマクロを入力します。
コマンドマクロは奥が深いです。勉強をしていくと結構おもしろいのですが、時間がかかりすぎるのが難点です。
^C^C_select;$M=$(if,$(getvar,”CMDACTIVE”),\,)_copy;_p;;_none;0,0;_none;0,0;_rotate;_p;;
挑戦しても良いのですが、ここではとりあえず上記のコマンドマクロを使うことにします。
コマンドの流れと記号の意味を追っていくと「なるほど」と思う部分も多いのですが、別に意味が分かっていなくてもコマンドを使うことは出来ます。

コマンドマクロのカスタマイズ

説明通りにやっていくと、上図のような感じになります。アイコンのボタンを作りたい方はやってみましょう。私はショートカットに割り当てるので、ご覧の通り空白のアイコンばかりですが。
作業が一通りできたら「適用」を押して「閉じる」で作業は完了です。作成したアイコンをクリックしてみて、どんな使い心地なのかを試してみましょう。
先程もお話ししましたが、オートキャド(AutoCAD)の便利なところは、このように作りたい機能を自分で作ることができる部分にあります。
色々なコマンドを作ることが出来ますので、まずはアイコンの作成方法をしっかりと覚えてきましょう。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ